眼科

レーシックの安全性と危険性

今では視力回復法として広く確立された『レーシック手術』
この手術を受けると眼鏡やコンタクトから解放され、裸眼で日常を過ごすことができるようになりますし、
顔の印象も変わります。
しかし、誰もが考えることは目を手術するこのレーシックは果して安全な手術なのだろうか?
ということです。

人の視界をつかさどる器官であるゆえ、慎重になるのは当然の事です。

基本的にレーシックは成功率が9割以上とも言われ、技術の進歩もあり、手術の失敗とはほとんど無縁になってきたといえます。
最新の手術法では手術の精度を向上させることにも寄与しています。

しかしレーシック手術は手術を受けてそれで終わり、という訳ではありません。
術後しばらくは通院して目の状態を確かめる必要があります。
それゆえ危惧され、実際に症状が確認されているのが、レーシック手術を受けたことによる合併症です。

ドライアイになりやすくなる、またハロー・グレアという症状も確認されています。
どのような手術も100%のものは無く、このレーシック手術も同様であるということを覚えておく必要があります。
また、めったにありませんがレーシック後に近視戻りをした方もいます。
手術を受けるかどうか決める前に、手術でのメリットとデメリットを照らし合わせ、個人がレーシックに関して正しい知識を身に着けることは欠かせません。