眼科

自分に合ったレーシックの選び方

年を追うごとに科学の進歩が明らかになっていく間で、視力を回復させるレーシック手術も、手術が確立されてから現代まで大きな発展を遂げてきました。
その過程でレーシック手術の手法も多く開発され、現在では10以上の手法があります。

もともとレーシックは強い近眼を持った人や、老眼の人に対しては行えない手術でしたが、現代では近視、乱視、老眼などそれぞれに対応した手術が行われるようになり、個人個人に合った手術が行えるようになっています。
また、角膜が薄くて通常のレーシック手術が行えない人のための手法もあります。

老眼の場合は、加齢に伴い近くのものが見えにくくなります。
それに対応して、片方の目は遠くのものを、もう片方の目は近くのものが見えるように矯正することにより老眼に対応する手術方法http://www.hodesforcongress.com/presbyopia.htmlがあります。

普通のレーシックでも比較的安い費用で受けられるものから、最新技術を駆使して、手術の精度を高め、術後のリスクを減らすようなものまで様々です。
後者の場合は扱っている病院にも限りがありますし、手術費用も高額な場合が多いですが、術後や将来の事を考えるのであれば、より最新のものを受ける方が望ましいといえます。
きちんと手術費用も考える事で快適に実行できます。