眼科

レーシックを受けると白内障の治療が受けられない?

人は誰もが鮮やかな景色を楽しみ、それに感動して写真を撮り思い出になる…そんな人が生きるということに深く関わる『視る』という行為に欠かせない体の器官が、『目』です。
年齢を重ねていくにつれ進行する、目の霞み、視力の低下等は現代の医療ではまだ解決されていません。
白内障も加齢に伴い発症する目の病気の一つです。
加齢だけでなく外傷によっても引き起こされる場合があります。
白内障を発症すると進行を抑える治療が必要です。

しかし、その白内障治療が行えなくなってしまうケースがあると言われています。
それは、視力を矯正するために『レーシック』手術を受けた人です。
それは正しいのでしょうか。

白内障の手術の際、『眼内レンズ』を用いますが、その眼内レンズの度数を測定する必要があり、レーシック手術を受けると、正確に度数の測定ができません。
必然的に、将来白内障の手術を行う際には、レーシック手術前の目のデータが必要となるのです。
これがポイントで、将来何十年も経過した時に、レーシック手術前のデータを参照できるかどうか?ということなのです。

この点を考えると、レーシック手術を受けた人が白内障の手術を行うことは難しいでしょう。
しかし、将来的にはレーシックを過去に受けた人であっても、白内障の手術http://www.guitariff.com/hak.htmlをうけられるような技術が確立されていると考えることもできます。