眼科

どうしてレーシックで視力が回復するの?

小さいころから本を読むことが好きだった…、仕事でパソコンを見る機会が多い…、などの要因が重なり、目が悪くなってしまい、眼鏡やコンタクトで矯正しているけど、やっぱり裸眼でものが見たいという人が選択できる、『レーシック』という手術があります。
通常のレーシック手術は、『エキシマレーザー』というレーザー光線を照射することにより角膜の中央を削り、レンズの屈折率を変えることによって視力を矯正します。
屈折異常が改善され、近視等も矯正されます。

これにより裸眼でも、ものが見えるようになるのです。
従来のものであれば手術費用を安く抑えることができますが、最新技術を用いた手術方法は、手術の精度も向上し、術後のリスクも最小限に抑えることに成功しています。

レーザーの照射などをコンピュータ制御で行うことにより、より正確な手術を行うことができるのです。
従来の方法と異なり、金属刃を使用しない方法なので、ドライアイ等の合併症発生率が低下しています。
費用は通常の方法より高額になりますが、長期的に目の事を考えて手術を行いたいのであれば、イントラレーシック等の最新技術を用いた方法が推奨されます。
この様に長期的な目で見る事で、快適にレーシック手術を受ける事が出来ます。