眼科

レーシックで重要なのは角膜の厚さ!

現代では、最新の視力矯正治療として知られている、『レーシック』手術は、多くの芸能人が受けたことでも有名になり、一般の人でも手が届く手術費用にもなってきたことから、以前よりも施術者が増加しています。
このように誰でも手術が受けられるようになってきた一方、『目が悪い人であればだれでも受けられる』訳ではありません。

レーシックは角膜に加工を施す手術のため、ある一定以上の角膜の『厚さ』が必要になってきます。
何故でしょうか。
それは、角膜が薄くなり過ぎると、ものの見え方に異常をきたす場合があるためです。
手術で削った後の角膜が多ければ多いほど良いのは当然の事です。
角膜は一度少なくなっても再生しないからです。

このように、角膜の厚さはレーシック手術を受けるうえで大変重要な要素になることが分かります。
では、角膜に十分の厚さが無い人は、手術を受けることは不可能なのでしょうか。

レーシックの手術方法の一つに、『エピレーシック』という手法があります。
病院により若干内容は異なりますが、角膜上皮だけを切除する方法で、角膜が薄い人にも有用な方法となっています。
施術できる病院は、一般のレーシックと比べて限られていますが、角膜が薄くてレーシックは不可と診断された人は、エピレーシックが選択肢の一つになるでしょう。