眼科

レーシック手術を受ける前に知っておくこと

科学技術の進歩により、医療は大きな発展を遂げてきました。
視力を回復させるレーシック手術も例外ではありません。
今では視力を根本的に矯正させる方法として多くの人に認知されています。
ですが何の考えも無く受けることの出来る手術ではありません。

レーシック手術は角膜に加工を加えレンズの屈折率を変えて視力を回復させる手術ですが、手術により加工された角膜はもとには戻りません。
手術が終わりドライアイなど様々な合併症を引き起こしてしまう可能性もあります。
最新の技術により少なくはなりましたが、レーシックにはリスクが伴うということを覚えておかなければなりません。

また一概にレーシック手術と言っても種類があり、個人の目の状況に合わせてどの手術を受けるかを医師から提案してもらえます。
従来の方法であれば費用は比較的安く済みますが、最新の技術を用いた手法は費用が高くつくことが多いものの、術後の合併症等のリスクを減らすことができます。
目という大切な器官を手術するということで、慎重な決定をしなければならないことが分かります。
手術を受けられる病院は全国にありますが、費用だけで決めるのではなく、病院の実績をもとに考慮することができるでしょう。